超開運へのナビゲート

株式会社リトルトゥリー

コラム

ピンチの時ほど効果あり!金運UP法

2020-05-17

根本 沙璃です。

お金が手元からなくなっている時
ほど、不安になることはありませんね。

だから、出費が怖い(><)
ますますお財布のひもは固くなり
だけどお金は、入ってこない。

こんな時こそ、おすすめの金運UP
方法があります。

それは、寄付をすること。

 

 

ある実業家の話です。

この方かなりの資産を失い、

全財産が200万円になったそうです。
(200万円もあるなら、余裕じゃないか!
という声が聞こえてきそうですが・笑)

この方、この全財産の200万円を
まるまる慈善団体に寄付したんだそうです。

1か月ほどのちに、会社が奇跡的に
大きな利益をあげたり

 

融資してくれるところが

でてきたりして、倒産を逃れました。

しかも、過去よりも利益が大幅に
上がった、というのです。

私自身、開業当時に、売上がゼロという
月がありまして

 

このままでは仕事として
成り立たせるのはムリだとあきらめかけて
いた時があります。

その時、この話を思い出して、

ある団体に毎月寄付することにしました。
そのときの金額は、3,000円(笑)

この手続きをしてから、売上がゼロになる
ことは、ありませんでした。

また、半年以内に、目標売り上げに到達
したのでした。

寄付をする、となると、なんだか清く
正しい思いだけで行わなければならない
と思いがちですが

きかっけは、自分の運を上げたい
という、下心(笑)があっても、

まったく問題ありません。

下心があっても、続けていくうちに
気持ちが変わってきます。

また、下心があろうとなかろうと、寄付された
お金が、大活躍することに違いはないのです。

このお話は有名ですが

【ここから】

お釈迦様が、托鉢(お坊さんがその日に食べる
分だけを庶民からもらってまわる修行。

本当は、庶民のための修行とも言える)
をするときに、弟子に、こういったそうです。

「まずしい家に托鉢に行きなさい」

え?貧しい人からもらうのですか?
豊かな人からもらうのではなく?

貧しい人は、与えるということをしなかった
から、豊かさが廻ってこないのです。

托鉢で、人に与えることによって、
徳を積んで、豊かになるように手伝うのです。

【ここまで】

財産は、家系の流れとかお役目というのも
ありますが、お金がどんどん減っている
入ってこない、

というピンチの時ほど与える、

出す、ということを思い切ってしてみる。

めぐりめぐって、しかも大きくなって
帰ってきます♪

はじめは、自分が得したいという

下心があったとしても、実はそれは

チャレンジをするためのきっかけにすぎません。

これが、習慣化してきますと

当たり前のように寄付をするようになります。

出すことが、当たり前になるのです。

すると、入ってくるのも当たり前の

ようになってくるのですね(^^