超開運へのナビゲート

株式会社リトルトゥリー

コラム

自分に自信が持てない理由を知って開運する

2020-03-21

運命学カウンセラー沙璃(さり)です。

 

 

自分に自信がない・・・。

 

だから、できない。

 

これ、あるあるですよね。

 

正直言いますと、私は自信があるとか

ないとか、あまり自覚がありません。

 

自信がないからできない

これについては、自信がある、とか

言ったことはあるかもしれませんが

 

だいたい、ノリとか勢いで言ってます(おい!)

 

ただ、失敗するのが怖くて、とか

取り返しのつかないことになりそうで

不安、とか、そういうのはしょっちゅうですね。

 

これを、自信がない、と多くの場合

いうのかもしれません。

 

では、どうして自信がなくなるのか?

 

について考えてみました。

 

これは、幼少期の影響でですね・・・・。

 

というのもあるんでしょうが(笑)

 

もっともっと、シンプルに考えてみて

省みて、わかったことがあります。

 

それは・・・

 

 

自分で決めたことをやらない

 

ということが、関係しています。

 

もちろん、ケースバイケースですよ。

 

自分で決めたことをやらない

というのは、自分との約束を自らが

破った、ということであります。

 

その連続の結果・・・。

 

自己不信。

 

 

自分で自分を裏切っているのです。

 

自己不信⇒自信がない

 

のは、しごく当然だと思うのです。

 

セルフオオカミ少年状態(><)

 

(これは、決めたことしないことを

責めたり、非難しているのではありませんです。)

 

 

ここで、誤解を避けるために補足します。

 

1度決めたことは、必ず遂行しなければならない

 

ということはではありません。

 

 

たとえば、1日に1記事ブログを書く

と決めたとしましょう。

 

自分との約束、という意味で

それを遂行するに越したことはないのですが

 

その予定変更もありあり。

アリよりのアリです。

(マロかよ)

 

ただ、その変更とか、やっぱり止めた

という決断を、はっきりさせる必要があります。

 

つまり、新たな決意、自分との約束

 

「今日は書きません。」

 

 

を、はっきりすることが大事なんです。

 

ここ、つい中途半端になってしまうんですよね。

 

書かなきゃいけないことはわかってるんだけど・・・

 

え、と・・・ネタ仕入れないと・・・。

 

とかって、他のブログを読みあさったり

本をペラペラやったりしているうちに

 

他のことに氣が移って、他のことをなんとなくする。

 

あ、あの子元気かな?

 

とかいって、あいさつメールやライン送ってみたりしながら。

 

残便感を引きずりながら

歯の奥にニラがはさまったような感じで

 

なんとなく、なんとなく、罪悪感とともに

 

本来のことにあたらず

 

深夜を迎え

 

重い氣を引きずりながら、浅い眠りにつく・・・。

 

翌朝、重だるい気持ちで目覚め

 

ため息とともに目を覚ます・・・。

 

 

これって、すんごい辛いじゃないですか。

苦しいですよね。

自己嫌悪のループ。

 

これは、「今日は書きません」って

はっきり決めていないから

 

書くのです~~という思いを

抱えたままだから、そうなるんです。

 

予定変更するなら、変更したこと

やっぱりやめる、ということを

宣言することで、エネルギーも意識も

それにマッチするんです。

 

これが、自分1人のことならまだ

自分が苦しいで済むんですけど

 

他者が関係すると、他者からの信頼も

なくしますね。

 

約束したのに、そのまま連絡せずにすっぽかすとか

 

予約入れたのに、無連絡のままばっくれるとか。

 

関係する相手に損害を与えますから

それはもう、ハイレベルな厄積みになりますね。

 

そういうのもプラスされて、ますます自己不信に

陥る、というわけです。

 

決めたことを、やっぱりしない、やめた

変更する、ということは、何の問題もありません。

 

そのことをはっきり決めて、その結果を

引き受ける、という腹づもりになれば

 

それは、自己信頼につながります。

 

自分だけが対象だとしても

他者が関係するとしても

 

今回は、どうするのか?

 

その意思表示を明確にすることが

 

自信になっていきます。