超開運へのナビゲート

株式会社リトルトゥリー

コラム

その習慣、ちょっと休むと運が上がる

2020-02-15

運命学カウンセラー 沙璃(さり)です。

 

今回は、自分は損してるかも、

と思っている方に特に
お読みいただきたいと思っています。

そうそう、損しているなんて、考えたくない
という方にも、です(^^
 

運を上げるために思い切って、

してみていただきたいことがあります。

「ちょっといいこと」を止めてみる。

 

たとえば、こんなことです。

・(公共の)洗面所を拭く

・なくなったトイレットペーパーを補充する

・飲食店で、追加注文や細かい注文
(マヨネーズ抜きとか)をする時に
申し訳なさそうに頼む

・同僚の残業の手伝いをする

・オフィスの床のゴミをひろう

・いつもミスしたり、抜けの多い

誰かの仕事をフォローする

・子どもが飲んだコップを洗う

・だんなさんが便器に残したうん●の筋を拭く

・ラーメン屋で、食べたどんぶりを
カウンターに置いて、なおかつテーブルまで拭く

・貸した本を返さない友人に、
その本をあげたつもりになって
フレンドリーにふるまう

・「好きなもの選んでねー」と、ばらまかれた
お土産を、一番最後に取る

・無礼な態度、言葉遣いで関わってくる
部下や後輩に、笑顔で応える

・攻撃的、批判的なコメントに対して
「ありがとうございます。」と応える

・つらつらと、自分のことばかり一方的に
ぶつけてくるメールやメッセージに
温かい言葉で返す

・言いたい事をがまんして、相手の
話に、笑顔で耳を傾け続ける

・同窓会の幹事を「あなたが適任だから」
と言われて、引き受ける
(自分も同じ会費を徴取される)

・PTAの会長が決まらず、みな嫌がっている。
だから、自分が引き受ける。

・自分の会社のスタッフの業務がいきわたって
いないので、それをする

・・・長くなりましたが、ここで
誤解がないように言いますと
上に書いてあることを

「絶対にしないでくださいね!!」

ということでは、ありません。

もし、もしも、みなさんが、上に書いて
あるようなこと、あるいは似たようなことを
当たり前のように、だけど、
だけど・・・・・(ここから重要)

不本意に
仕方なく
ちっくしょーーーー!!
気づいた者負けじゃないか!!!

と思いながら
密かに思いながら
だけど、「そうするしかない」

と思ってしたならば

それを、やめてみていただきたいのです。

どんなに良いことでも
世の中から良い評価を受けることでも
それが「当たり前のこと」だとしても

上に書いてるようなこと
似たようなことで、心がざわざわするなら
あえて、しないことに挑戦してみて
いただきたいのです。

運の上下の判断は、
実は、とってもシンプルです。

その基準は

ご自身の気持ちです。

上の例を1つ取りますね。

公共のトイレなどで
次のペーパーをセットするとして。

その時

次に使う人が心地よく過ごせたら
素敵だな♪

という「喜び」なのか

自分が出た後に、芯だけが
残ってたら、気が効かないヤツだと
思われないかというような
「不安」なのか。

ここがポイントです。

言うまでもなく、気持ちが運に
影響しますので、前者は運が上がります。

ちなみに、とにかくあたり前のことだから
という場合。

トイレに入ったとき

ペーパーが芯だけだったら
それに腹を立てるか、気にならないか
で判断します。

前に入ったやつは、非常識だ!

など、腹が立ったら、無意識に後者
(不安がベース)に過ごしている
可能性が高いです。

そんなわけで、どの行為をするにも
その動機が

 

愛(=自分にとっての喜び)なのか

不安や恐怖(=ダメな人だと批判・避難される)なのか。

そこがポイントです。

今まで、どこかできゅうくつな思いや
不平等感、損している感、被害者感、
プレッシャーや過度な義務感から
「いいこと」をしているとしたら

ぜひぜひ、ぜひとも!!!!

いいことを、あえてしないキャンペーン

をしていただきたいのです。

そんな方には、「ちょい悪」
という期間になるかもしれませんね。

でも、ちょい悪もヘチマもありません(爆)

それは、ご自身が、「あるがまま」に
なっただけの話です。

いちいち、そんなことしなくても、
ご自分の魅力や存在感の尊さは
変わりませんから(^^

むしろ、優等生と思われている

人の人間らしさ、人間臭さに救われる
人だって、いるんです。

 

レッツ・トライ★